疲れ目・ドライアイは生体電流で解消

健康生活.com〜Happyな生活を応援 健康生活.comでは、健康な生活を送れる情報を発信していきます。

健康は、誰もが望み気をつけていますが
なかなか自分の思い通りにはいかないものです。
食生活、運動、ダイエット、禁煙、ストレスなど解決することはたくさんあります。

美容やダイエットなど体の中から健康になる役立つ情報を掲載いていますので
ゆっくりとご覧になり健康でHappyな生活を手に入れてください。
健康・ダイエット
TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!

疲れ目・ドライアイは生体電流で解消

TOP>疲れ目・ドライアイは生体電流で解消




疲れ目・ドライアイは生体電流で解消



疲れ目やドライアイの原因は、
目の使い過ぎによる血流の悪化によって
涙腺や毛様体筋に十分な栄養や酸素が行き渡らず
働きが低下することで引き起こされます。


つまり疲れ目やドライアイの解消法は、
目の周りの血流を良くすれば解消されるということです。
一般的に血流を促す方法は、
蒸しタオルや冷えたタオルをまぶたに当てたり、
目の周りのツボを押さえて血のめぐりを良くする方法です。


ここではちょっと変わった疲れ目やドライアイの解消法を紹介します。

使うものは家庭によくあるアルミホイルです。
人の体には、生体電流という微弱な電気が流れています。
この生体電流は、疲れたりストレスによってスムーズに流れていた電流が滞ることがあります。
電流が滞ると、血流が悪くなり細胞や神経の働きが低下していきます。


つまり、
目を使い過ぎることで目の周辺の生体電流が滞ることで疲れ目やドライアイになるのです。
そこで、生体電流の流れをスムーズにするのがアルミホイルです。

アルミホイルは、クシャクシャに丸めると空気中に電気を放出する性質を持っています。
この性質を利用して、目の周辺の滞った生体電流をスムーズにし血流を良くしていくわけです。
血流が良くなることは実験でも確認されています。


それではアルミホイルをどのように使うかですが、
まず、アルミホイルを2センチ四方に切りクシャクシャに丸めます。

次に、目頭やこめかみなど指で押して目が気持よくなる部分にテープなど使い貼ります。

たったこれだけです。簡単でしょう!


貼る場所は、目の下3センチくらいの四白というツボと、
お腹のヘソとみぞおちの中間にある中カンというツボです。

なぜお腹に貼るかというと,
疲れ目やドライアイは胃腸の調子が悪いことが関係している場合もあるからです。

貼る時間は30分程度でも十分効果がありますが、
疲れ目やドライアイがひどい場合には長めに貼っておくといいでしょう。



心も体も蘇るので、本当に大助かりです。。。
知りませんでした!!健康に良いもの食べても、酵素が体内になければ栄養素が働いてくれないこと。日本古来より万病に良いとされた野草・野菜・果実・海藻・キノコ類が88種類も配合されている酵素だから選びました。

<酵素八十八選の詳細はコチラから>



目の健康コンテンツ一覧


老眼の原因虹彩の衰え
老眼とは、見た物の焦点を合わせる目の機能が衰えることが原因で、45歳を過ぎた頃から始まるのが一般的です。目の焦点は、眼球の水晶体の厚さを変えることでピントを合わせます。近くを見る場合は水晶体が厚くなり・・・・・・

老眼改善・虹彩筋トレーニング
目に入ってくる光の量を調整する働きを持つ虹彩のトレーニング方法を紹介します。普段の生活では、夜でもずっと明るい時間が多く暗い中で過ごすことはありません。そのため、虹彩の働きは衰えてきますので日光や照明器具を・・・・・・

老眼の治療〜伝導式角膜形成術
今までの老眼といえば、近視や遠視のように治療法がなくメガネを使うしかありませんでした。しかし、アメリカで伝導式角膜形成術(コンダクティブ・ケラトプラスティ)という老眼の治療法が開発され、12万人以上の人が手術を受け老眼や・・・・・・

老眼の治療〜伝導式角膜形成術注意点
老眼を克服したい人にとって、画期的な伝導式角膜形成術ですが注意することはあります。
伝導式角膜形成術を受けられる人は、メガネやコンタクトレンズを使わずに遠くの物が見えること、40〜60歳で老眼になった人・・・・・・

老眼回復に黒豆
血流を促し抗酸化力の強いシアニジン三グルコシドが有効とされています。つまりシアニジン三グルコシドが含まれる黒豆が老眼や視力回復に効果的なのです。また、抗酸化力の強い成分は様々ありますが、口から摂取する・・・・・・

近親治療法〜眼内コンタクトレンズ
以前の近視の矯正手術は、角膜を切開し角膜表面を矯正するもので軽度の近視の人にしか適用できませんでした。しかし、ここ20年間で近視矯正手術は発展し、マキシマレーザーを使ったスーパーレーシックが・・・・・・

近親治療法〜眼内コンタクトレンズの手術を行う病院
今、強度の近視を治療する方法として眼内コンタクトレンズが注目されています。現在の近視矯正手術は、レーシックやPRKなどが主流になってあり、手術時間も10分程度と外来で受けることができるように・・・・・・

緑内障の原因
早期発見が難しく失明の危険性がある目の病気で、糖尿病性網膜症、網膜色素変性症と並んで失明の3大原因になっています。現在の緑内障の患者数は、500万人ともいわれ200万人の人は治療を受けていない・・・・・・

正常眼圧緑内障の原因(遺伝・近視・片頭痛・血流不足)
眼圧の正常値は10〜21mgですが、現在の日本人に多い緑内障の患者は、眼圧が正常値であっても視神経に障害が起こる正常眼圧緑内障で、全体の6〜7割いるとされています。正常眼圧緑内障の原因として考えられている・・・・・・

緑内障の治療法〜近赤外線療法(直接偏光近赤外線療法)
緑内障の治療法として、注目を浴びているのが近赤外線療法です。近赤外線療法とは、首にある頭や心臓、気管支や肺など上半身の臓器、器官の働きを支配している交感神経が集中している星状神経節に近赤外線を照射するという・・・・・・

緑内障・網膜色素変性症の治療に遠赤外線シート
緑内障は眼圧が異常に上昇することによって視神経に障害が起こることですが、決定的な治療法がない病気です。そのため緑内障の症状を少しでも遅らせる治療が行われます。
その一つに、眼圧を低く保たせるために・・・・・・

緑内障の改善にカシス
カシスとは、ブルーベリーと同じベリー類で1cm位の大きさの濃い赤紫色をした果実です。欧米ではジャムやお菓子の材料として利用され、民間薬としてリウマチの治療にも使われいます。このカシスが、緑内障の改善に効果が・・・・・・

正常眼圧緑内障の改善にイチョウ葉
イチョウ葉は、脳梗塞や認知症の改善に有効であることは有名で健康食品も多くの種類が販売されています。現在では、認知症の治療薬として世界70カ国以上で使用されています。イチョウ葉にはギンケラチンやイソギンケラチンという・・・・・・

白内障の原因は紫外線・野菜不足による活性酸素
水晶体が濁る理由として、普通は透きとおった水晶体が活性酸素によって変質し黄白色に濁るのです。活性酸素は通常、体内に侵入した病原菌などを処理する機能を持っていますが、増えすぎると細胞や組織を酸素と・・・・・・

白内障防止に抗酸化成分ビタミンC
白内障の原因となる活性酸素を抑える効果の高い抗酸化成分はビタミンCで、ミカンやイチゴ、パセリやブロッコリーなどに多く含まれています。
ビタミンCの1日の摂取量は、100mgと厚生労働省は・・・・・・

白内障の濁りを防ぐルテイン
ルテインは水晶体や網膜に蓄積されますが、40歳を過ぎるとルテインの蓄積量が急激に減っていき疲れ目や視力の低下を引き起こします。年を取るととものこのような症状が出るのは、ルテインが不足していることが大きな・・・・・・

疲れ目・ドライアイの原因
疲れ目の原因で代表的なものとして目の筋肉疲労があります。目で見た物は水晶体の厚さを変えることでピントを合わせますが、この水晶体の厚さを変えるのが毛様体筋といわれる筋肉です。長時間近くの物を見ていると、毛様体筋は・・・・・・

疲れ目・ドライアイは生体電流で解消
使うものは家庭によくあるアルミホイルです。
人の体には、生体電流という微弱な電気が流れています。この生体電流は、疲れたりストレスによってスムーズに流れていた電流が・・・・・・

眼球視力と脳内視力
視力には眼球視力と脳内視力があり、眼球視力とは物にピントを合わせ見る力で、脳内視力とは脳の視覚野が目で見たものを読みとって認識する力です。
視力低下は、一般的にテレビやパソコンなど目を・・・・・・

視力向上目のフィットネス
欧米において、目と脳の伝達機能を鍛えることが視力向上につ繋がることが分っています。そのため、眼科医や視力眼科医(オプトメトリスト)によって様々なトレーニング法が行われています。
視力を向上させることは難しいと思っている人も・・・・・・

目の病気にアワビのタウリン・亜鉛・ビタミンAが効果的
アワビは高級食材ですが、中国では漢方薬や薬膳料理として広く使われています。また、白内障による水晶体の濁りを防ぐ食材として目の病気の改善にも使われてきました。
なぜアワビが目の病気に効果があるかというと、・・・・・・



健康生活.comメニュー

TOPページ
目の健康
耳の健康
歯の健康
腰痛・ぎっくり腰
ひざ痛
ガン関連
糖尿病関連
炎症関連
血液年齢
ダイエット関連
美容関連
Copyright (C) 健康生活.com. All Rights Reserved.