腰部脊柱管狭窄症改善にお尻の筋肉(殿筋)強化

健康生活.com〜Happyな生活を応援 健康生活.comでは、健康な生活を送れる情報を発信していきます。

健康は、誰もが望み気をつけていますが
なかなか自分の思い通りにはいかないものです。
食生活、運動、ダイエット、禁煙、ストレスなど解決することはたくさんあります。

美容やダイエットなど体の中から健康になる役立つ情報を掲載いていますので
ゆっくりとご覧になり健康でHappyな生活を手に入れてください。
健康・ダイエット
TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!

腰部脊柱管狭窄症改善にお尻の筋肉(殿筋)強化

TOP>腰部脊柱管狭窄症改善にお尻の筋肉(殿筋)強化




腰部脊柱管狭窄症改善にお尻の筋肉(殿筋)強化


腰痛や坐骨神経痛などを起こす腰部脊柱管狭窄症は、
腰痛や足のしびれを訴える人の40%になるという報告があります。

原因は、筋肉の低下や脊柱の老化がいわれています。


多くの腰痛の原因になっている腰部脊柱管狭窄症は、
筋肉を日頃から使っていないために起こるといわれています。

特に、骨盤を安定させたり、脊椎を支えてバランスを保つ役目をする
お尻の筋肉の低下が考えられています。


おしりの筋肉は殿筋と呼ばれ、
鍛えることによって骨盤や脊椎のゆがみを整え脊柱管にかかる負担が和らぎ
腰部脊柱管狭窄症は改善されていきます。


そこでお尻の筋肉、殿筋の鍛え方にバタ足をするストレッチがあります。
バタ足といっても水泳のように、バタバタするものではありません。


お尻の筋肉(殿筋)の強化法
@うつ伏せに寝て両手を組んで頭をのせます。

A右の足のつま先を伸ばした状態で、
お尻に力を入れ外側に足を上げ10秒そのままの状態を保ちます。

B左の足も同じようにつま先を伸ばし、外側に足を上げ10秒保ちます。

C両足を下した状態でお尻の内側に力を入れて10秒保ちます。

Dこれらの動作を5回繰り返します。

足を上げる高さは30pを目安にしますが、最初は無理のない程度で行ってください。


このストレッチは、足全体の筋肉を使うので腰痛の改善だけではなく、
肥満の改善にも役立つのでスリムな体型を期待できます。


心も体も蘇るので、本当に大助かりです。。。
知りませんでした!!健康に良いもの食べても、酵素が体内になければ栄養素が働いてくれないこと。日本古来より万病に良いとされた野草・野菜・果実・海藻・キノコ類が88種類も配合されている酵素だから選びました。

<酵素八十八選の詳細はコチラから>



腰痛・ぎっくり腰コンテンツ一覧


腰痛の原因は猫背と筋力低下
私たち日本人の80%は腰痛を経験しており、4人に1人が腰痛持ちといわれています。腰痛には、背骨の椎間板がはみ出している椎間板ヘルニアや背骨が変形して起こる変形性脊椎症などあります。腰痛の中でも、・・・・・・

腰痛には正座で正しい姿勢をつくる
腰痛の一つの原因になっている姿勢の悪さは、正座をすることで体に正しい姿勢にする最適な方法です。現代人は、日常生活でも仕事でも椅子に座る時間が多くなっています。また、立っている時間より椅子に・・・・・・

腰痛の改善に正座腰ひねり
腰痛に悩んでいる人は、正座をした状態で腰をひねる「正座腰ひねり」というストレッチがおすすめです。腰痛で悩む多くの人は、腰の周囲にある大腰筋や大殿筋、中殿筋、背骨を支える脊柱起立筋、お腹の腹直筋の・・・・・・

腰痛に効くツボ〜大腸兪・腎兪・志室
身体には多くのツボがありますが、多くの症状の治療に役立つのが背骨に沿った兪穴とされています。この兪穴の中でも、腰痛に効果のあるツボが大腸兪と腎兪です。大腸兪は、背骨の指2本分外側の腰骨の上に・・・・・・

腰痛に塩温灸
塩温灸とは、熱した塩をお灸のようにツボに当て熱の刺激で働きを活発にするというものです。
塩は体を温める効果があることは知られていますが、体に塩を当てるだけでもその場所の温度が上がることが・・・・・・

腰痛の腰部脊柱管狭窄症
腰痛の腰部脊柱管狭窄症とは、老化などによって腰の部分にある腰椎同士がこすれ合って、脊柱管の中に骨棘というトゲ状のものができたり、脊柱管を保護する靭帯が厚くなって脊柱管内に膨張することで、脊柱管を通る・・・・・・

腰痛〜腰部脊柱管狭窄症の治療
腰部脊柱管狭窄症を完治するのは難しく、基本的に腰部脊柱管狭窄症の治療には症状を和らげる保存療法が行われます。腰部脊柱管狭窄症の治療の保存療法には、内服薬や注射による薬物療法、コルセットを着ける・・・・・・

腰部脊柱管狭窄症改善にお尻の筋肉(殿筋)強化
腰痛や坐骨神経痛などを起こす腰部脊柱管狭窄症は、腰痛や足のしびれを訴える人の40%になるという報告があります。原因は、筋肉の低下や脊柱の老化がいわれています。
多くの腰痛の原因になっている・・・・・・

腰部脊柱管狭窄症を防ぐ生活習慣
腰部脊柱管狭窄症の特徴に、体を後ろに反らすと症状が現れ、前かがみになると症状が治まることがあります。なぜかというと、腰部脊柱管狭窄症は脊柱管が圧迫によって起こると考えらえており、身体を反らすと脊柱管は・・・・・・

腰部脊柱管狭窄症の内視鏡手術
腰部脊柱管狭窄症の内視鏡手術は、姿勢を正したり腰回りやお腹の筋肉を鍛える、コルセットの装着、鎮痛剤や血流改善薬、神経ブロック注射などの治療を行っても改善しない場合に行われます。腰部脊柱管狭窄症の・・・・・・

ぎっくり腰の原因
ぎっくり腰は、日常の何気ない動作で起こります。
例えば、重いものを不用意に持ち上げたり、急に腰をひねったり、クシャミをした時などがあります。また、寒い時期や朝起きた・・・・・・

ぎっくり腰の対処法
ぎっくり腰は急になるので、どのように対処すればいいのかわからない人も多いと思います。激しい痛みでパニックならないように、事前にどのような対をすればいいのか、ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の対処法を・・・・・・

ぎっくり腰の予防
ぎっくり腰(急性腰痛・突発性腰痛)の予防には、普段の生活で急に腰に負担がかからないようにすることがぎっくり腰を防ぐ一番の対策です。
ここでは、ふだんの生活でどのようなことに・・・・・・

ぎっくり腰予防の筋力強化
ぎっくり腰は一度起こすと、ちょっとしたことでも再発を繰り返すことがあるので腰の周囲の筋肉を鍛えて再発防止をします。
腰には腹筋や背筋、殿筋など腰椎を囲む・・・・・・

ぎっくり腰の痛みを早く治す
ぎっくり腰は2〜3日安静にしていれば痛みは治まってきますので、体を軽く動かすことで痛みが早く治ることがあります。
しかし、少し動かしてみて痛みがある・・・・・・

椎間板ヘルニアの椎間板内加圧注射療法・ヘルニア腫瘤内加圧注射療法
椎間板ヘルニアの新しい治療法として椎間板内加圧注射療法・ヘルニア腫瘤内加圧注射療法が注目されており、手術が困難な高齢者でも受けられるという新型注射療法です。
椎間板ヘルニアとは、腰椎の椎骨と・・・・・・

腰痛に4種の栄養素〜新軟骨サプリ
椎間板などの軟骨は、一度失うと取り戻すことは不可能だと考えれらていましたが、グルコサミンを補うことで衰えた軟骨は修復されるという報告がたくさんあります。
実際に、軟骨の衰えで起こる変形性関節症が・・・・・・

腰痛をやわらげる新型ベルト楽フィット
新型ベルト楽フィットとは、腰痛に効果のある大腸兪・腎兪・志室のツボを簡単に刺激することができる医療用具です。新型ベルトの楽フィットは、細いベルトと太いベルトを巻き付けるタイプで長さ調整もゴムとマジックテープが・・・・・・




健康生活.comメニュー

TOPページ
目の健康
耳の健康
歯の健康
腰痛・ぎっくり腰
ひざ痛
ガン関連
糖尿病関連
炎症関連
血液年齢
ダイエット関連
美容関連
Copyright (C) 健康生活.com. All Rights Reserved.