ガン治療の温熱療法

健康生活.com〜Happyな生活を応援 健康生活.comでは、健康な生活を送れる情報を発信していきます。

健康は、誰もが望み気をつけていますが
なかなか自分の思い通りにはいかないものです。
食生活、運動、ダイエット、禁煙、ストレスなど解決することはたくさんあります。

美容やダイエットなど体の中から健康になる役立つ情報を掲載いていますので
ゆっくりとご覧になり健康でHappyな生活を手に入れてください。
健康・ダイエット
TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!

ガン治療の温熱療法

TOP>ガン治療の温熱療法




ガン治療の温熱療法




ガンは早期発見・早期治療が大切なことは誰でも知っており、
現在のガンの治療法の主流は外科手術、放射線療法、抗ガン剤を使った科学療法です。

進行したガンの場合これらの治療法は、
副作用があり免疫力の低下や治癒力の低下を招き再発する危険性も高くなります。

そこで、
副作用がない温熱療法が注目されています。


温熱療法とは、ガン細胞は熱に弱いという性質を持っているので、
ガン細胞に温熱刺激を与えて死滅させようというものです。

ガン細胞は42.5度を超えると急激に死滅するといわれているので、
その性質を利用した治療法になります。

しかし、これだけ高温になれば正常な細胞もダメージを受けうると思いますが、
ガン細胞は正常な細胞に比べ1〜2度高くなることがわかっています。


私たちの体は、寒くなったら血管を収縮させ熱が逃げないようにし、
温かくなったら血管を広げ熱を放出する体温調節機能を備えています。

しかし、
ガン細胞に集まる新生血管は温めても広がることできず熱がこもることになります。
また、毛細血管も十分にないため酸素不足になっています。
酸素不足になると酸性に傾き熱によダメージを受けやくすなります。

つまり、ガン細胞は温度が上がりやすくダメージを受けやすいのです。


一般的に
ハイパーサーミアと呼ばれる温熱治療法は、
2枚の電極で体をはさみラジオ波という電磁波を発生させ
ガン細胞を加熱し治療するというものです。

温熱治療のハイパーサーミアは、
初期のガンから末期ガンまで効果を期待でき、
脳と目のガンを除けば様々なガン対応できるようになっています。


ただし注意することは
ハイパーサーミア単独の治療でガンを治すことはできないということです。

化学療法や放射線療法を併用することで効果を発揮します。
また、抗ガン剤の量を減らすことができるので、抗ガン剤による副作用を軽減できます。



心も体も蘇るので、本当に大助かりです。。。
知りませんでした!!健康に良いもの食べても、酵素が体内になければ栄養素が働いてくれないこと。日本古来より万病に良いとされた野草・野菜・果実・海藻・キノコ類が88種類も配合されている酵素だから選びました。

<酵素八十八選の詳細はコチラから>



ガン関連コンテンツ一覧


日本人に増える欧米型ガン
日本人の死因の第1位はガンで約30万人の人がなくなっています。また、年間約50万人が新たにガンと診断されています。日本人のかかるガンは、昔も今も胃ガンが最も多く変わりませんが、日本人には少なく欧米人・・・・・・

ガンと遺伝の関係
がんは遺伝子の異常によって引き起こされるという認識から、多くの方がガンは遺伝すると思っているようです。しかし、ほとんどのガンは遺伝と関係ないことがわかっています。
ガンは日本人の死亡原因の・・・・・・

発ガンを招く血液の衰え(血液衰弱
ガンは生活習慣の乱れが原因で、ガンになりやすい「ガン体質」になって発病すると最近では考えられています。「ガン体質」とは、体にとって重要な働きをしている血液の衰え「血液衰弱」が大きく関係していると・・・・・・

ガン体質は肉の多食と野菜不足
血液が衰えることによってガンができやすい「ガン体質」を招く原因に、野菜不足と肉の多食による食生活の乱れがあります。戦後、日本の食生活は変化し動物性たんぱく質と脂肪の多い欧米型の食生活に・・・・・・

ガン体質は低体温
人の平均体温は36.5度といわれており、この体温であれば身体は正常な新陳代謝が行われていると考えていいでしょう。しかし最近では、平熱が36.5度を下回る低体温の人が急増しています。この体温調節機能がうまく・・・・・・

ガン体質と運動不足の関係
現代人は運動不足を指摘されていますが、多くの人は運動が体に良いことはわかっていてもなかなか運動不足を解消することができません。そのため、生活習慣病は増え続ける一方です。ガンも運動不足と大きな関係・・・・・・

ガン体質低体温を黒糖入りショウガ紅茶で改善
人の平均体温は36.5度ですが、低体温になると36.5度を下回る体温が当たり前になります。低体温になるということは、体の中で免疫力に関係のある白血球の働きが弱まり、ガン細胞が活発になりガンを発症しやすい・・・・・・

自律神経の乱れでガン体質
自律神経が乱れるとガンを招きやすい「ガン体質」になる危険性があります。自律神経は、私たちの生命活動を維持していくためにとても重要な神経で、心臓や内臓などあらゆる器官を意識することなく活動・・・・・・

胃がんの原因ピロリ菌
胃ガンの原因はピロリ菌ではないかと注目されています。ピロリ菌は1982年オーストラリアの医師によって発見され正式名はヘリコバクター・ピロリといいます。
胃ガンの原因とされるピロリ菌は・・・・・・

胃がんの原因ピロリ菌にはカテキン
カテキンは、胃がんの原因ピロリ菌の働きを弱めたり除菌する働きがあることが明らかになっています。胃がんの原因とされるピロリ菌に効果的なカテキンは緑茶に含まれていることは良く知られています。緑茶には・・・・・・

胃がんの原因ピロリ菌の増殖を抑えるマスティック
マスティックは、胃ガンや胃潰瘍の原因になっているといわれるピロリ菌に対して優れた抑制効果がると注目されています。マスティックとは、ウルシ科のマスティックノキからとれる樹脂で、ギリシア領南部のキオス島で・・・・・・

胃ガンと塩分
日本のガン死亡率のトップは肺がんで、2位が胃ガンです。
胃ガンの死亡率は減少傾向にありますが、発症する割合はガンの中で一番高くなっています。日本人の胃ガンの発症率は・・・・・・

胃ガンを防ぐ食生活
胃ガンは塩分の摂り過ぎが大きな影響を与えることが研究で明らかになっています。
日本人の塩分摂取量は1日平均12g程あり、欧米の塩分摂取量を大幅に超えています。
塩分の摂りすぎは高血圧や・・・・・・

胃ガン予防に塩分を減らす食生活
胃ガンを防ぐには、塩分の摂り過ぎをやめるのが一番の方法です。
日本人は醤油や味噌、漬物、魚の干物、塩辛など塩分の多い食品を食べています。そのため、いきなりそれらの食品を控えることは・・・・・・

大腸ガンと日射量(ビタミンD不足)
大腸ガンは年々増加傾向にあり、女性ではガンの死亡率の第1位になってます。
これまでガンは、早期発見・早期治療をいわれてきましたが、これからは生活習慣を見直し予防することが大切・・・・・・

大腸がん予防に乳酸菌ヨーグルト
大腸ガンの原因は、動物性脂肪の摂り過ぎやビタミン、ミネラル、食物繊維不足が大きく関与しているといわれています。そのため大腸ガンを予防するには、食生活の改善と免疫力を高めることが重要・・・・・・

肺がん予防にキャベツ
肺がんは年々増加傾向にあり、男性では肺ガンが死亡率の一番になっています。肺がんといえば喫煙が大きく関係しており、たばこを吸わない人に比べると4〜10倍も発症率は高くなります。肺がんの予防には・・・・・・

乳がん・子宮がん予防に豆腐とテンぺ
女性のガンといえば乳がんや子宮がんですが、最近はこの女性のガンが増える傾向にあります。子宮ガンには頸部ガンと子宮体ガンあり、女性ホルモンが乱れることで起こるガンは子宮体ガンと乳がんです。・・・・・・

乳がん予防にアマニ油
乳がんにかかる女性は増え続けており、これまで多かった胃ガンを上回っています。この増え続ける乳がんの予防や改善に効果がるとされるアマニ油が多くの国から注目されています。乳がん予防に効果がある・・・・・・

前立腺がん予防にリコピン
前立腺ガンは他のガンに比べ発症率は少ないですが、死亡率は確実に増え続けています。増え続ける前立腺ガンの予防に、トマトの色素成分リコピンが効果があるといわれています。前立腺とは男性の膀胱の・・・・・・

ガン治療の温熱療法
ガンは早期発見・早期治療が大切なことは誰でも知っており、現在のガンの治療法の主流は外科手術、放射線療法、抗ガン剤を使った科学療法です。
進行したガンの場合これらの・・・・・・

発ガン防止に抗酸化栄養素を含む野菜・果物
日本ではガンによる死亡率は増える一方ですが、アメリカでは1990年以降ガンの死亡率や発症率は減少しています。アメリカでは、ガン発症予防に「禁煙」「野菜・果物を多くとる」という運動を開始し、運動後10年が・・・・・・

発ガン遺伝子を抑える脳幹マッサージで体温アップ
ガン細胞は、突然変異を起こし細胞の新陳代謝を狂わせ細胞が自然に死んでいく機能を狂わせ無秩序に増殖していく細胞です。この突然変異を起こす原因が、細胞の中にある発ガン遺伝子の「プロトガン遺伝子」・・・・・・



健康生活.comメニュー

TOPページ
目の健康
耳の健康
歯の健康
腰痛・ぎっくり腰
ひざ痛
ガン関連
糖尿病関連
炎症関連
血液年齢
ダイエット関連
美容関連
Copyright (C) 健康生活.com. All Rights Reserved.