冬が危険脳卒中

健康生活.com〜Happyな生活を応援 健康生活.comでは、健康な生活を送れる情報を発信していきます。

健康は、誰もが望み気をつけていますが
なかなか自分の思い通りにはいかないものです。
食生活、運動、ダイエット、禁煙、ストレスなど解決することはたくさんあります。

美容やダイエットなど体の中から健康になる役立つ情報を掲載いていますので
ゆっくりとご覧になり健康でHappyな生活を手に入れてください。
健康・ダイエット
TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!

冬危険脳卒中

TOP>冬が危険脳卒中

冬が危険脳卒中




脳卒中は寒い時期になりやすい
脳卒中心筋梗塞に多く発生する危険な病気です。
寒いときは身体の熱が逃げないように血管を収縮させ血圧を上げる働きと、血圧を一定に保つ働きがあり一時的な血圧の上昇はすぐに正常な状態に戻ります。しかし、年を取るにつれその働きは衰えてきます。

暖かい部屋から、寒い部屋に移動すると血圧が急に上がり血管に大きな圧力がかかり心臓の負担も増します。
このような状態は心筋梗塞や、脳梗塞を引き起こす原因になります。
脳卒中の発生件数を調べてみると、11月〜3月の冬場と高齢になるほど多く発症していることがわかります。


脳卒中の70%が脳梗塞
脳というのは酸素や栄養を最も必要とする器官で、網の目のように張りめぐられた動脈や静脈、毛細血管に毎分600〜800mlの血液が供給されています。


脳卒中には、脳梗塞と脳溢血があります。
脳梗塞は脳の血管に血栓ができることです。そのため脳細胞に血液が届かなくなることで壊死し、手足の麻痺や言語障害の後遺症が残ることがよくあります。

脳卒中は、脳の血管が破れて出血する病気です。


脳卒中の変化
これまで日本では脳卒中といえば脳出血だったのですが、最近では70%以上が脳梗塞という結果になっています。
その理由として生活習慣の変化が大きいと言われています。運動不足や高カロリーの摂取、ストレスなど生活上の問題で糖尿病や脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病が増えた原因になっています。

脳梗塞の前触れとして数ミリ程度の脳梗塞ができおり、いきなり脳梗塞になるもではありません。
小さな脳梗塞では大きな症状はありませんが、手の振るえや軽いめまい、けいれんなどが前触れになります。しかし、そのような症状が現われてもすぐに改善するので見逃してしまします。
このまま気づかずに生活していると、3割の人が数年以内に重度の脳梗塞を引き起こしているという報告があります。


ラクナ梗塞・びまん性白質変性
脳梗塞には2つのタイプがあり、脳に数ミリの穴がいたるところに増えていくタイプのラクナ梗塞と、脳の細胞に酸素不足や栄養不足で本来の脳の働きが失われるタイプのびまん性白質変性(ビンスワンガ−)があります。

最近の調査で脳に小さな穴が開くラクナ梗塞が若い世代で増えており、
30代で10%、40大で30%、50代で50%、60代で70〜80%の人に症状が見られます。

いつ脳梗塞を引き起こしてもおかしくない危険性を持っている人が増えています。



心も体も蘇るので、本当に大助かりです。。。
知りませんでした!!健康に良いもの食べても、酵素が体内になければ栄養素が働いてくれないこと。日本古来より万病に良いとされた野草・野菜・果実・海藻・キノコ類が88種類も配合されている酵素だから選びました。

<酵素八十八選の詳細はコチラから>



血液年齢コンテンツ一覧


血管年齢を自己チェック調べよう
血管年齢を自己チェックで調べ日頃の生活習慣を見ることで自分の血液年齢を自己チェックできます。自分の血管年齢は何歳なのか見てみましょう。当てはまるのが
0〜4個の人〜・・・・・・

血圧でわかる血管の衰え
高血圧は脳卒中、心筋梗塞を引き起こす危険な要因です。最大血圧、最小血圧どちらが上がっても血管を老化させ硬くしていきます。さらに同じ血圧でも、最大血圧と最小血圧の差が大きい人ほど血管の老化が進み・・・・・・

閉塞性動脈硬化症抹消動脈疾患
ふつう血圧を測るときには腕に血圧計を巻いて測定しますが、最近では足の血圧も同時に測定する病院も増えてきています。理由は、腕の血圧と足の血圧を比較することで全身の動脈硬化の状況を調べる・・・・・・

ドロドロ血液4種類
身体の血管をすべてつなぎ合わせると、なんと10万キロにもなり地球を2周半できる長さになります。血管の太さは大動脈で3〜4センチ、毛細血管は1,000分の7ミリになります。すごいことに身体中の血管を・・・・・・

冬が危険脳卒中
脳卒中や心筋梗塞は冬に多く発生する危険な病気です。寒いときは身体の熱が逃げないように血管を収縮させ血圧を上げる働きと、血圧を一定に保つ働きがあり一時的な血圧の上昇はすぐに正常な状態・・・・・・

脳梗塞対策
脳梗塞を防ぐ対策として手足を活発に運動がおすすめです。これらの運動には2つの効果が望めます。ひとつは脳の血管が詰まらないように血液の流れをよくし、小さな血管が詰まる脳梗塞による脳神経細胞が・・・・・・

動脈硬化は改善できる
動脈硬化改善しないというのが医学の常識でしたが、最近では生活習慣を改めることで動脈硬化改善できることがわかってきました。
これは血液年齢でも顕著に・・・・・・

片鼻呼吸で血流改善
血管年齢を若返させるためには血管を広げ高い血圧を下げることが大切になってきます。片鼻呼吸をすることで血流が改善されることがわかりました。
いくつかの方法を紹介します。・・・・・・

緑茶・柑橘類で改善脳梗塞が激減
脳梗塞や動脈硬化を防ぐ代表的な柑橘類はグレープフルーツ、オレンジやみかんです。その他緑茶なども効果があります。脳梗塞の原因になるのは日頃の食事や運動不足の生活習慣の乱れから起こる・・・・・・

イチョウ葉で血流改善
イチョウの葉は脳の血液の流れを改善するハーブとして注目されており、1960年代に旧西ドイツで医薬品化されました。欧州を中心に世界40以上の国々で脳梗塞や脳血管性認知症、虚血性心疾患の治療薬・・・・・・




健康生活.comメニュー

TOPページ
目の健康
耳の健康
歯の健康
腰痛・ぎっくり腰
ひざ痛
ガン関連
糖尿病関連
炎症関連
血液年齢
ダイエット関連
美容関連
Copyright (C) 健康生活.com. All Rights Reserved.