アマニ油で炎症病を改善

健康生活.com〜Happyな生活を応援 健康生活.comでは、健康な生活を送れる情報を発信していきます。

健康は、誰もが望み気をつけていますが
なかなか自分の思い通りにはいかないものです。
食生活、運動、ダイエット、禁煙、ストレスなど解決することはたくさんあります。

美容やダイエットなど体の中から健康になる役立つ情報を掲載いていますので
ゆっくりとご覧になり健康でHappyな生活を手に入れてください。
健康・ダイエット
TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!

アマニ油で炎症病を改善

TOP>アマニ油で炎症病を改善




アマニ油で炎症病を改善



炎症病とは、アレルギー疾患のアトピー性皮膚炎や花粉症、
ぜんそく、関節炎の肩こりや腰痛、結膜炎や肺炎、気管支炎、
口内炎、生理痛など慢性的に起こる炎症の病気です。

この
炎症病はリノール酸の過剰摂取が原因の一つになっています。
リノール酸に代表されるn−6系脂肪酸には炎症を激しくさせる働きがあるためです。


炎症病を抑えるには、
リノール酸の多い植物油を減らし、
「アマニ油」に含まれるα−リノレン酸のn−3系脂肪のを摂取することが効果的です。

α−リノレン酸には、n−3系脂肪酸のほかにドコサヘキサエン酸(DHA)、
エイコサペンタエン酸(EPA)があります。


アマニ油は体内でDHAやEPAに変わり、
炎症を悪化させるn−6系脂肪酸の働きを抑える作用があります。
そのためアマニ油を摂取することは、炎症を改善するには効果的な成分といえるのです。


アメリカでは、皮膚病やアレルギー、糖尿病、慢性疲労、
生理不順など様々な病気を抱える人を対象に、
アマニ油を毎日大さじ2〜4杯とるように臨床試験を行いました。

この臨床試験は、食事の改善とビタミンやミネラルなどの栄養補給も一緒に行われました。

試験の結果、多くの患者さんで症状が大幅に改善され完治した人もいました。


アメリカの厚生省ではアマニ油を機能性食品として、
米国ガン協会は
ガン撲滅の注目すべき食品として複数の公的機関が推奨しています。

アマニ油は、カナダなどの寒冷地で栽培されているアマという1年草の種子から抽出した油で、
フラックスオイルとして欧米では一般的に使われています。

日本では、1日の摂取量は男性で2.2g、女性で2.0gを目安にしています。
アマニ油にα−リノレン酸は50〜60%含まれているので、
小さじ1杯で十分補うことができます。

ただし、アマニ油は熱や光、酸素に弱いのでドレッシングやそのまま摂るようにします。
また、冷蔵庫で保存し開封後1ヶ月で使い切るようにしてください。



心も体も蘇るので、本当に大助かりです。。。
知りませんでした!!健康に良いもの食べても、酵素が体内になければ栄養素が働いてくれないこと。日本古来より万病に良いとされた野草・野菜・果実・海藻・キノコ類が88種類も配合されている酵素だから選びました。

<酵素八十八選の詳細はコチラから>



炎症関連コンテンツ一覧


リノール酸で炎症病が悪化
植物性脂肪のリノール酸は、動物性脂肪に比べコレステロールを減らす植物油として多くの人に認識されていますが、実際には大きな間違いがあるのです。
最近急増している炎症病の原因は・・・・・・

アマニ油で炎症病を改善
炎症病とは、アレルギー疾患のアトピー性皮膚炎や花粉症、ぜんそく、関節炎の肩こりや腰痛、結膜炎や肺炎、気管支炎、口内炎、生理痛など慢性的に起こる炎症の病気です。
この炎症病はリノール酸の過剰摂取が・・・・・・




健康生活.comメニュー

TOPページ
目の健康
耳の健康
歯の健康
腰痛・ぎっくり腰
ひざ痛
ガン関連
糖尿病関連
炎症関連
血液年齢
ダイエット関連
美容関連
Copyright (C) 健康生活.com. All Rights Reserved.