リノール酸で炎症病が悪化

健康生活.com〜Happyな生活を応援 健康生活.comでは、健康な生活を送れる情報を発信していきます。

健康は、誰もが望み気をつけていますが
なかなか自分の思い通りにはいかないものです。
食生活、運動、ダイエット、禁煙、ストレスなど解決することはたくさんあります。

美容やダイエットなど体の中から健康になる役立つ情報を掲載いていますので
ゆっくりとご覧になり健康でHappyな生活を手に入れてください。
健康・ダイエット
TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!

リノール酸で炎症病が悪化

TOP>リノール酸で炎症病が悪化




リノール酸で炎症病が悪化



植物性脂肪のリノール酸は、
動物性脂肪に比べコレステロールを減らす植物油として多くの人に認識されていますが、
実際には大きな間違いがあるのです。

最近急増している炎症病の原因は、
リノール酸が深く関係
していることがわかっています。


炎症病とは、アレルギー疾患のアトピー性皮膚炎や花粉症、
ぜんそく、関節炎の肩こりや腰痛などがあります。

そのほか、
結膜炎や肺炎、気管支炎、口内炎、生理痛など慢性的に起こる炎症の病気です。


リノール酸と呼ばれる脂肪酸には、
家庭で一般的に使われるベニバナ油やコーン油、ヒマワリ油などがあります。


リノール酸が体内に吸収されると、アラキドン酸という脂肪酸に変わります。
そのアラキドン酸の一部は、プロスタグランジンやロイコトリエン、
トロンボキサンという炎症を起こす物質に変わります。

つまり、リノール酸を多く摂取することで炎症を引き起こす
プロスタグランジンやロイコトリエン、トロンボキサンという物質が増え
皮膚や気管支に炎症が起こることになるのです。


リノール酸を多くとり続けていると、
高炎症状態という慢性的な炎症状態になりガンを誘発したり
血栓や動脈硬化の引き金になる危険性が高くなります。

リノール酸の1日の摂取量の目安は1〜2gですが、
現代の日本人は約13gも摂取しています。

このようにリノール酸の摂取量が増えた理由に、
先に述べた動物性脂肪より植物性脂肪が体によいという認識があるためです。

そのため、リノール酸の摂取量は減ることがないので炎症病が急増しているのです。


特に
口内炎や吹き出物ができやすい人は、
リノール酸が過剰になっている可能性があるので注意してください。

炎症病の改善には、
リノール酸を減らしαーリノレン酸と呼ばれる脂肪酸を補います。
αーリノレン酸は食用油のアマニ油から補給することがでます。



心も体も蘇るので、本当に大助かりです。。。
知りませんでした!!健康に良いもの食べても、酵素が体内になければ栄養素が働いてくれないこと。日本古来より万病に良いとされた野草・野菜・果実・海藻・キノコ類が88種類も配合されている酵素だから選びました。

<酵素八十八選の詳細はコチラから>



炎症関連コンテンツ一覧


リノール酸で炎症病が悪化
植物性脂肪のリノール酸は、動物性脂肪に比べコレステロールを減らす植物油として多くの人に認識されていますが、実際には大きな間違いがあるのです。
最近急増している炎症病の原因は・・・・・・

アマニ油で炎症病を改善
炎症病とは、アレルギー疾患のアトピー性皮膚炎や花粉症、ぜんそく、関節炎の肩こりや腰痛、結膜炎や肺炎、気管支炎、口内炎、生理痛など慢性的に起こる炎症の病気です。
この炎症病はリノール酸の過剰摂取が・・・・・・




健康生活.comメニュー

TOPページ
目の健康
耳の健康
歯の健康
腰痛・ぎっくり腰
ひざ痛
ガン関連
糖尿病関連
炎症関連
血液年齢
ダイエット関連
美容関連
Copyright (C) 健康生活.com. All Rights Reserved.